写真は、中野幹線本管破損修理の様子です。漏水部分を切除し新し管を挟み込んで、特殊な継輪で管接続を行いました。この後の作業は、埋戻しと、水圧試験です。

2021/06/18
6/18(金)午前の散水終了後、満管にならなかったのは、【田上第2・柳4・深沢P2・自然・竹原幹線の各ポンプ】です。散水終了時刻を10分過ぎても、満管にならない所を調べています。考えられる原因は、①配水本管から漏水が有る。②仕切弁や排泥弁・空気弁から漏水している。③電磁弁不良で、散水が止まらない。④マイレイン不良で、勝手に散水している。⑤誰か故意に散水している。⑥私設配管と接続している。これらが主な原因です。 予備注水時や散水終了後にも、工区内の巡視をして出っぱなしクラー等を探して下さい。 写真は、中野機場操作室の散水終了時の操作の様子です。

2021/06/18
早朝4時15分の千曲川の濁りは透視度27㎝(管理値25㎝以上で散水可能)でしたが、9時過ぎより濁りがひどくなってきました。 12時現在、24㎝(管理値25㎝未満では散水不可)となったことから取水ポンプを停止し午後の散水を中止する事としました。 大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒、宜しくお願いします。...

写真は、今朝撮影した千曲川の様子です。9時過ぎから濁りがひどくなってきました。

2021/06/18
今日、左岸エリア内を走行中に発見した漏水箇所です。散水試験の時発見できなかったのでしょうか?道路脇なのに工区の通報システムは、機能していないのでしょうか?とても残念です。

2021/06/18
写真は、深沢機場ファームポンド排水弁出口の様子です。昨日工区委員長と排水弁の締まり具合について、調査と試験を行いました。結果バルブが締まり切れずに漏水しています。ここは機場ポンプ室内にもFPの水が流入しており、老朽化が進行しています。

写真は、竹原地区ぶどう園。中野幹線本管破損修理の掘削の様子です。中野幹線エリアの方々には、ご迷惑をお掛けします。本日午後の散水は、休止とさせて頂きます。

2021/06/18
今朝、満管にならなかったのは、【田上第2・柳第2自然・柳第4・深沢自然・竹原幹線】です。散水開始前の予備注水で、満管にならないのは、①配水本管から漏水が有る。②仕切弁や排泥弁・空気弁から漏水している。③電磁弁不良で、散水管へ水が供給されている。④散水コントローラー不良で、勝手に散水指令が出ている。これらが主な原因です。散水開始時刻前に工区内の巡視をお願いします。写真は、中野機場操作室の様子です。散水前に満管状況を確認しています。

2021/06/18
本日は散水を行います。午前4時20分現在の降水量は、0mm千曲川の透視度は27㎝(管理値25㎝以上)です。水位は312.3m。写真は、中野揚水機場取水口付近の様子です。

本日の散水は、中止です。午前午前4時20分現在の降水量は、0mm。千曲川の透視度は16㎝(管理値25㎝以上)です。水位は312.4m。写真は、中野揚水機場取水口付近の様子です。

さらに表示する